<   2010年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧

b0041912_23371089.jpg ロベルト・アラーニャは、シラク前大統領の時のパリ祭でフランス国歌ラ・マルセイエーズを歌い上げたことで国民にその存在を大きく印象づけ、とかく下に見られがちだった「イタリア移民の子」としてではなくまぎれもない「フランス人」として認められたと言われます。その後2008年には、大統領から授かる騎士勲章のレジョン・ドヌール、シュバリエ(5等級目)を授章。
 その人気の秘密は、彼の気さくで飾らない性格とイタリア的な陽気さにありそうです。「僕はロマンティストなんだよ。女性を誘惑するのも好きだし」といたずらっぽく笑うアラーニャは、女性の外見より声と視線に弱いとか。
 頭をリフレッシュするために料理も大好きで、オリジナル料理を創作するのが得意という一面も。

 そして、アラーニャの強みはイタリア系らしく、オペラやコンサート活動が全てファミリービジネスで成り立っているところでしょう。
 オペラの作曲や構成を引き受けている10歳年下の弟ダビッドを初め、家族や親戚がアラーニャの音楽活動に関わっていて、互いに信頼しながら仕事をしているから、今の自分があると語るアラーニャ。とりわけ家族の絆が強いシシリア系ということに加え、そもそも芸術の才能に恵まれた一家らしく、石工のお父さんは、パリのヴォージュ広場やエリゼ宮の修復にも大きく貢献したそうです。
b0041912_23382611.jpg しかし、アラーニャの成功は家族で勝ち取ったものとはいえ、ロベルト自身の私生活は波乱続きでした。最初の奥さんとは死別し、残された一人娘も夭逝。
 何度も共演した二人目の妻でソプラノ歌手のアンジェラ・ゲオルギューからは、すれ違い生活を理由に12年の結婚生活の清算を要求されるし、2006年暮れのミラノスカラ座のアイーダ公演では、客席から口笛でやじられたために怒って退場。スカラ座でやじられた有名歌手は少なくないけれど、公演途中での舞台放棄は前代未聞だったため、大きなスキャンダルとなり、以来、アラーニャはスカラ座へ出入り禁止となってしまいます。
   
 半世紀足らずの人生で成功も地獄も味わい、人一倍の苦楽を経験して来た今、アラーニャはそれでも常にポジティブ。辛いことがあっても人前ではいつも陽気で人当たり良く、「僕の役目は、僕の歌を聴いた人が、日頃のうさや悩みをその間だけでも忘れることだよ」と語る穏やかな表情が印象的です。
 ロベルト・アラーニャは、これからますますその甘くかつ力強い声で、幅広い音楽の分野で私たちに元気を与えてくれることでしょう。
[PR]
by cheznono | 2010-04-21 23:20 | いつもの暮らし

b0041912_055978.jpg 今フランスでTVにラジオに引っ張りだこのオペラ歌手ロベルト・アラーニャが、ニースに来る!と聞いて、私もコンサートに!と思ったのもつかの間、チケットも取れず、日程も許さずで仕方なく「シシリアン」のCDを買って帰って来ました。
 名前を聞いたことがある程度だった私がロベルト・アラーニャに注目するようになったのは、東京のアラーニャ大ファンのお友達のお陰です。
 2年前の5月、アラーニャのコンサートに行きたい!という熱い想いで、勇気を振り絞ってフランス一人旅を決行した友達とパリで待ち合せ、映画にもなったモンテーニュ通りのシャンゼリぜ劇場に送って行った時、アラーニャの人気ぶりを肌で感じ、興味を持つようになりました。

 貧しいシシリア移民の子としてパリ郊外で生まれたアラーニャは、子供の頃は両親が借りたガレージに家族で暮らし、並々ならぬ音楽の才能がありながら、母親の期待に応えるべく会計士の資格を取得。
 でも、歌への情熱覚めやらず、パリのバーやキャバレーで約 70曲にも上るポップスを歌い始めたアラーニャは、その素晴らしい声でたちまち店の人気者になり、あっという間に一族の稼ぎ手に。
 オペラの作曲や演出をしているアラーニャの弟によると、「ロベルトはハンサムでカリスマがあって、昔から家族のヒーローだった」ということですが、そういう彼の方が典型的なラテン系のイケメンで、役者になったら受けそうです。

 1988年、アラーニャはパバロッティ国際コンクールで優勝したのをきっかけにオペラ歌手としてデビューし、テノール歌手として活躍しますが、音楽学校に通う機会のないまま、自己流でオペラを歌ったため、「アラーニャをオペラ歌手とは認めないね」と批判するフランス人も少なくありませんでした。アラーニャ自身も「いつも自分よりみんなの方が優れていると思っていた。オペラの世界ではまるで宇宙人のように見なされたし」と語っています。
 やがてアラーニャは、個人レッスンを受けたり自助努力を積んだ末に発声方法が大きく改善され、今やパパラッティを継ぐ世界的なテノール歌手として注目される存在に。

 一昨年、アラーニャは両親の出身地であるシシリア島の民謡を集めたCD「シシリアン」を発表。お父さんに最高の親孝行と喜ばれたという「シシリアン」はこの種のアルバムとしては記録的な大ヒットを飾り、コンサートツアーも大好評を博しています。
「シシリアン」は殆どの曲をシシリア方言で歌っているにもかかわらず、南仏ニームのコンサートでは観客が一緒に歌い出したというからすごい浸透ぶりですね。
 
 でもなぜ今、フランスでアラーニャがここまで注目されるのでしょう? つづく
[PR]
by cheznono | 2010-04-17 00:50 | いつもの暮らし

NINE ナイン

b0041912_1232640.jpg 「シカゴ」のロブ・マーシャル監督によるブロードウェイ大ヒットミュージカルの映画化、しかも超豪華キャスト起用ということで「NINE」を観て来ました。フランスで公開された時のメディア批評は、どれもかなり低評価だったのでさして期待はせず、お目当てはもっぱらダニエル・デイ=ルイスと華やかな女優陣。ベースになったというフェリーニの「8 1/2」を観てないので、比較できないのが残念です。

 舞台は、1960年代初頭のローマ。世界的に名を馳せた映画監督グイド・コンティーニ(ダニエル・デイ=ルイス)は新作「イタリア」の発表を前にナーヴァスになっています。主演女優もスタッフも決まり、もうじき撮影開始というのに、実は脚本もできてないどころか、出だしさえ思い浮かばないという有様。
 グイドは妻ルイザ(マリオン・コティアール)に助けを求めたり、愛人(ペネロペ・クルース)を呼びつけたりしますが、作品の構想は湧かず、衣装係(ジュディ・デンチ)に叱咤激励されたり、母親(ソフィア・ローレン)の幻覚を見たり。刻々と撮影開始が迫って来て追い詰められたグイドは、メディアやプロデューサーから逃げ回るうちに、子供の頃の思い出の中へとトランスして行きます。
 主演女優(ニコール・キッドマン)がローマ入りしても、渡す脚本がなくて、笑ってごまかそうとするグイド。夫の女好きにうんざりしたルイザに愛想をつかされ、グイドはますます過去の思い出へ現実逃避を図るのですが。。

 フェリーニの作品を知らないせいもあって、ストーリー的には予想以上に拍子抜け、ダニエル・デイ=ルイスの存在感がなければ映画としてもたなかったのでは?と思うほどですが、ミュージカルとしてみればかなり楽しめます。
 セクシーな記者役のケイト・ハドソンが歌う「シネマ・イタリアーナ」を初め、グイドのイタ・セクスアリスとも言える娼婦役のファーギーの力強い歌いっぷり、そして、愛する夫の不実に苦しむマリオン・コティアールのせつない歌と、次々に堪能できるのが良いですね。
 ただ、劇場で生で観るミュージカルならこれで充分だけど、映画なのでもう少し主人公の内面に迫る心理描写を入れたり、女性達の心の動きを描写してほしかった。ローマ周辺の風景やモノクロの回想シーンは素敵でした。
[PR]
by cheznono | 2010-04-07 01:24 | 映画