<   2011年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧

戦火のナージャ

b0041912_23305465.jpg

 ニキータ・ミハルコフ監督が親子で出演している「戦火のナージャ」。16年前にカンヌ映画祭で絶賛されたという「太陽に灼かれて」の続編ですが、あいにく私は肝心の「太陽に灼かれて」を観ていないため、省略や暗示の多いこの続編を完全には理解できませんでした。
 これも大震災の後に観る映画としては、いかがなものか。ドイツ-ソビエト戦の圧倒的な破壊力や悲惨さ、無力さは、大地震・津波の悲劇に通ずるものがありますが、戦争は究極の人災。その虚しさをこれでもかと突きつける映像にはぐったり。結構しんどい2時間半でした。

 スターリンによる大粛清で、革命の英雄だったコトフ大佐(ミハルコフ)は、反逆者の汚名を着て逮捕・処刑され、妻子も行方知れずに、、なった筈でした。
 7年後の1943年、当時コトフ大佐をスターリンに引き渡したKGB幹部のアーセンティエフ大佐(オレグ・メンシコフ)は、スターリンに呼ばれ、コトフ大佐が生きているのでは?という疑問を突きつけられます。
 アーセンティエフ大佐は、コトフの妻マルーシャの元恋人で、実はマルーシャとその娘ナージャ(ナージャ・ミハルコフ)をかくまっている張本人でした。
 実はコトフ大佐は1941年、第二次大戦の勃発時に奇跡的に強制収容所を脱出。妻子は既に死亡したと聴かされていたためか、今は懲罰部隊の一員となり、雪原の中、要塞作りに従事しています。そこに背後からドイツ軍の戦車が迫って来て。。
 一方、ナージャはアーセンティエフ大佐の言葉からまだ父親が生きていると確信。父コトフ大佐を捜すべく従軍看護婦に志願して戦場に赴きます。
 しかし、傷痍兵と共に赤十字の船に乗って海原を航行中、あろうことかドイツ軍の爆撃機に攻撃され、あえなく船は沈没。ナージャは海に投げ出されてしまいます。
 果たして、対ドイツ戦の真っただ中で翻弄されるコトフ親娘はどこかで再会できるのでしょうか?

 ミハルコフ監督は、若い世代にナチスドイツを前にした無力さと、今のロシアの生活がこれだけの犠牲の上に成り立っていることを伝えたかったと言われますが、ともかく戦争の熾烈さは生々しく、強烈なリアリズムが感じられます。
 一人、二人の仲間が犠牲になった仕返しに、やっきになって赤十字の船を沈めたり、静かな田舎の村人を皆殺しにしたりと、抵抗できない者を根こそぎ絶やそうとするドイツ軍の残虐さと執念が浮き彫りにされ、やり切れない気持ちに。
 この映画は三部作で、ミハルコフ監督は既に終章となる第三部に取りかかっているとか。観ているのが辛い第二部だったけど、やっぱり終章が気になります。でも、その前にまず名作の誉れ高い「太陽に灼かれて」を観るべきかも知れません。
[PR]
by cheznono | 2011-04-23 23:32 | 映画

わたしを離さないで

b0041912_0484251.jpg  カズオ・イシグロ原作「わたしを離さないで」。原作、映画とも感動した「日の名残り」がから早くも18年、この作品も結構なベストセラーになったと聞くし、原発事故不安を紛らわせたらと観て来ました。
 でも、地震以来初めて観る映画にこれを選んだのは失敗だったようかも。気が晴れるどころか、更にずしりと重い気持ちで帰宅することに。限りある青春の痛いような恋愛ストーリーよりも、臓器提供ドナーたちの惨い宿命が何とも衝撃的で、節電中の銀座がよりいっそう暗く見えた帰り道でした。
 とはいえ、生きとし生けるものとして、一日一日をもっと大切に生きて行かなくては、という思いを新たにさせられる作品です。

 イギリスの美しいカントリーサイドにある寄宿学校で、少年少女達が厳しく管理されながらもスポーツや絵の創作を楽しみ、健やかに成長しています。キャシー、ルース,トミーの3人は特に仲良し。優しく理知的な少女キャシーは、草食系少年のトミーに惹かれ、互いに淡い恋心を抱いている様子なのをちょっとおませなルースは気づいています。
 厳格な校長(シャーロット・ランプリング)のもと、正統派の教育を施されているように見える生徒達ですが、実は臓器提供を運命づけられていて、長くは生きられないらしいことがわかって来ます。
 18歳を迎え、寄宿学校を卒業した3人は、農場のコテージをシェアして暮らし始めますが、いつの間にかルースがトミーの恋人となっていて、キャシーは一人淋しい思いを味わいます。
 学校を出た《卒業生》たちは、その日が来るまで、旅行や恋愛が許されていました。そして「恋人同士が心から愛し合っていることを証明できるなら、ドナーとなる日が数年間猶予される」という噂が伝わり、《卒業生》の間に同様が広がるのですが。。。

 SFなのに、未来でなく今より少し過去に設定しているためか、妙な現実感があり、それだけに《卒業生》たちを待ち受けている運命の残酷さが際立ちます。
 何より印象的なのは、主人公達がドナーとしての宿命を従順に受け止め、未来につなぐかすかな希望は持っても、生まれながらに自らに課せられた任務への抵抗や脱走はいっさい試みない点でした。
 寄宿学校で《情操教育》を受けていることもあってか、3人は繊細で傷つき易い心を持っているためいっそう従順さと諦観が胸を打ちます。しかも、情操教育に見えたものの真の目的がわかった時の衝撃は痛いくらいです。
 
 私は、クローンを生み出した現代文明への警鐘と受け止めましたが、カズオ・イシグロやマーク・ロマネスク監督は、ドナーの限りある青春における恋愛に重きを置いたようですね。
 主要人物には「17歳の肖像」のキャリー・マリガン、「ソーシャルネットワーク」のアンドリュー・ガーフィールド、そしてお馴染みキーラ・ナイトレイを起用。それぞれが、待ち受ける運命の恐怖と戦いながら、内省的なキャシーとトミー、限られた青春を必死で楽しもうとするルースを熱演しています。
[PR]
by cheznono | 2011-04-08 00:49 | 映画

原発ラプソディー

b0041912_1261492.jpg
 先日、ニコラ・サルコジ大統領が中国訪問のついでに3時間だけ来日しましたね。滞在わずか3時間でフランス大使公邸で首都圏在住のフランス人達と集う会を開き、菅首相と会談し、原子力安全に対する国際基準を設ける宣言をして去って行ったのですから、なかなかのパフォーマンス。
 対して、菅さんが地震・津波以来、3週間も経ってから被災地入りしたというニュースを、フランスの公営放送が呆れた調子で流していました。首相同様、支持率が20%余りにまで落ちているサルコですが、フランス国内で何か起こると即現場に飛んで行くフットワークの軽さが売りの大統領なので、中国のついでとはいえ、外国として日本へのお見舞い訪問一番乗りを印象づけたかったのかも知れません。でも、日本に寄るか寄らないかでは結構揺れた模様です。
 理由はもちろん放射線でしょう。福島第一原発の水素爆発後、フランス大使館の対応は素早く、福島近県を初め関東周辺に住むフランス人に、直ちに西に移動するか、一時帰国を奨励。すぐにエールフランスの特別便を手配し、帰国したい人へは700ユーロで切符を提供。(特別サービス料金というから往復700ユーロかと思ったら、しっかり片道料金、因みに日本に戻る便も同じ料金で提供。)エアフラは一日2本あるパリ-東京定期便に加えて、原発疎開特別便を数日間に渡って飛ばした挙げ句、ひとまず京都辺りまで逃げたフランス人を拾うため関空にも迎えに行ったりして、全面的に帰国をサポートしました。
 この間、フランスの報道は叫び出さんばかりの大騒ぎで、日本政府と東電は事故を過小評価している、原発から250kmの距離なんてすぐに放射線に包まれる、首都圏の日本人が普段通りに仕事をこなしているのは宿命を諦観しているからか?と言われる始末。
 エコロジストの日本女性による「政府は私たちを欺いている。これまでさんざん原発は安全だと繰り返して来たのにこの結果なのだから、事故後の放射線の影響も本当のことを言ってないと思う」といった発言も大きく取り上げられました。
 今東京にいる私に来た電話やメールも緊迫感にあふれるものばかり。「親も連れて早くニースに戻って来るように」はもちろんのこと、「まさかまだ東京にいないよね?」「絶対に外出しちゃ行けないよ。窓を閉めて、換気扇も開けないように」「こんな状態をどうやって耐え、東京の人はいったいどのように生活しているの?」etc。
  気の小さい私はまるで悲鳴のようなメールやフランスメディアの報道に動揺して、留まるべきか疎開すべきか、逡巡する羽目に。報道規制、隠蔽工作、TV に出ているのは御用学者、などなどの噂は絶えないし、半径30km以内の避難にも手こずって、方針がコロコロ変わる政府が、都民1200万を避難民にしたら、全くお手上げ状態、大パニックになってしまうから、もしてかして重要な事実を黙っているのかも?そう思うと疑いは際限なく膨らむばかり。
 私が持っているニース行きの切符はルフトハンザのもの。予約変更してすぐに渡仏するほど切羽詰まっているとはとても思えないうちに、ルフトハンザは成田を避けて中部空港と関空に疎開してしまい、アリタリアやスイス航空も次々に成田を敬遠して、関空へ避難したのには本当にびっくりでした。いくらチェルノブイリで懲りているとは言え、千葉の放射線量は東京よりも低いのに。
 
放射線の影響
http://www.kahoku.co.jp/news/2011/03/20110321t73060.htm

東大病院チーム
http://tnakagawa.exblog.jp/

 あれだけ騒いだ欧州でしたが、さすがに過剰反応だったと気づいたのか、煽るようなメディアのトーンも落ち着いたし、いったん東京から疎開したフランス人たちも戻って来て、既に仕事を再開、今週からフランス人学校(lycee franco-japonais)も授業を始めるし、ルフトハンザも成田に戻っています。
 フランス大使館が日本在住フランス人向けに配信しているメールによると、日本政府は予測能力に欠ける向きがあるにせよ、発表している情報は信頼できるとのこと。
 原発事故から早くも3週間余り。残念ながら好転の兆しはいっこうに見えませんが、IAEAを初め、アメリカ、フランスと世界的な知恵と技術が投入され始めたので、これからの進展を切に期待したいです。
 
中部大学:武田邦彦先生のサイト
http://takedanet.com/

技術者として20年間原発で働かれた平井憲夫さんの記録
http://www.iam-t.jp/HIRAI/pageall.html 
[PR]
by cheznono | 2011-04-04 01:27 | いつもの暮らし