<   2011年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

BIUTIFUL ビューティフル

b0041912_2228375.jpg「21グラム」や「バベル」等、群像劇の名手アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ監督が、黒澤明監督の「生きる」にヒントを得て製作したという「Biutiful:ビューティフル」。欧州の厳しい現実の中で、余命宣告を受けながら子供たちのためにできる限りのことをする父親に扮したハビエル・バルデムの鬼気迫る演技が強烈な印象を残す作品です。

 バルセロナの片隅で、二人の子供との生活を維持するため、複数の仕事を掛け持ちしているウスバル(ハビエル・バルダム)。薬中毒でエキセントリックな別れた妻の面倒も見るウスバルは、少しでも多くの金を稼ぐために裏社会の怪しい仕事にも手を染めています。
 不法移民の労働を仲介し、彼らからも頼りにされているのに、親切心が裏目に出て痛ましい事故が起きてしまい、落込むウスバル。
 そんな折り、体調の不良を訴えたウスバルは、こともあろうに末期がんであることが判明、奈落の底に突き落とされるような気持ちに陥ります。子供はまだ小さく、成人するまでの費用をどうにかしなくては。ドラッグから足を洗えず情緒不安定な母親に任せるわけにはいかないし。
 ウスバルに残された時間はわずか2ヶ月。さまざまな思いが交差する中、子供たちに残すべくなるべく多くのお金を稼ぎ、彼らの記憶に中に父の思い出が生き続けることを願って、懸命に生きる努力を続けるウスバルに、幼い時に死に別れて記憶にない筈の父親が黙したまま語りかけるのでした。

 若者の失業率が30%に迫りつつあるスペイン。もっとも豊かな地域として知られるバルセロナも経済危機のあおりで生活苦が目立つという現実の中、さまざまな隙間仕事をつなぎながら、子供たちのために現金を稼ぐウスバルに、次から次に降り掛かる難題。そして、極めつけの余命宣告。
 いったい希望はどこにあるのか?と首を傾げる私をよそに、ウスバルは孤独と絶望を自身の中に封じ込めて、淡々と運命に対して行きます。
 子供に事実を悟られないように、平常を装いながら身を削って仕事に奔走するウスバルのしていることは不法でも、家族を守りたい一心のその姿がとてもストイック。特に子供を前に「自分のことを覚えておいてほしい」と囁くシーンには泣かされます。
 イニャリトゥ監督らしい痛切なリアリズムに圧倒され、ラストにわずかな希望を見て、シネマを後にしました。

 公式に夏入りしたフランスでは、この週末から恒例の映画祭りが始まり、最初の1本を定価で観れば、その後は各映画が3ユーロで観られるという嬉しいイベント中。以前は3日間だけだった期間も今や1週間になって、まさにシネマの大盤振る舞い。
 この春は、「アバター」のような大作がなかったこともあり、去年に比べて客足が11%も減ったというフランスの映画館、この1週間でいっきに挽回できると良いのですが。
[PR]
by cheznono | 2011-06-26 22:41 | 映画

b0041912_21144250.jpg
 よく聞いてみたら、荒れ果てているのはローマからフランスに通じる海沿いの旧街道であって、ハンブリー庭園の入口は別にあり、入場料を払えば18ヘクタールに渡る広大な庭園をゆっくり楽しめるのだとか。
 19世紀に紅茶と絹の貿易で財を成したハンブリー卿は、ヨット遊びのためにやって来たリヴィエラが気に入り、フランス国境目の前のこの岬にヴィラを建て、英国式の自然に任せた庭園を築いたそうです。
 世界5大陸からありとあらゆる植物を集めたという庭園は、現在ジェノヴァ大学によって管理され、 地元の人の憩いの場になっている模様でした。
 しかし、今回我々は庭園に入らず、岬に向かう岩場をひたすら歩いた次第で、噂によると、岬の向こう側の海岸はゲイビーチとなっており、男性同士の出会いの場なのだとか。

 岸壁海岸のハイキング後、夕食のためにヴァンテミリアからドルチェ・アクアを抜け、ロッチェタ・ネルヴィーナのレストランへ。久しぶりに鱒のグリルでも食べられるかと期待したのに、マダムが出て来て「今日は休業よ、でもせっかく来てくれたのだから、ラビオリで良かったら作るけど?」と言うので、きのこソースでラビオリを食べることになりました。
 さすがにその辺で買うラビオリとは違って、マダムお手製のラビオリは皮が薄く、中身のほうれん草がはっきり透けて見える。フランスではシュウマイや餃子の類いを中華ラビオリと呼ぶけれど、なるほど外見はミニ餃子風です。デザートは大きなティラミスの森のソース添え。

 さて、アントレとデザートのみの夕食をすませ、ニースに戻ろうと立ち上がったら、左足の甲に激痛が。ついさっきまで元気だったのに、もはや片足でしか立つこともかなわず、強い痛みのために歩けなくなっているではないですか。
 夕方岩場で転んだけど、その後2時間余りも歩けたのに、なぜ今になってこんなに痛いのだろう?くるぶしをひねった記憶もないが、これが捻挫なのか?抱えられるようにして何とか車に戻り、夜遅くニースに帰宅。家の中も片足けんけんしないと歩けないため、不自由きわまりないし、もしも骨にひびが入っていたらと頭の中は不安でいっぱい。痛みとショックで翌日は半日ベッドの中でした。
「多分捻挫だから2日安静にしていればまず大丈夫。当日は冷して、丸一日経ってからは暖めて」という大家さんの忠告を半信半疑で聞いていた私でしたが、本当にその通り。足を伸ばして安静にしていたら、3日目から歩けるようになりました。あー良かった。下手すると帰国まで松葉杖状態になるかと思った。
 軽い捻挫の場合、当初はあまり感じなくても、後から痛みが増すことがあるそうで、私もそのケースだったのでしょう。日頃の運動不足をいたく反省させられる出来事でした。今後はハイキングの前にも準備体操が必要かも。
 写真はフランス側のリヴェイエラ、サン・ミッシェルの丘。軽いハイキングなら、こちらの方がお勧め。
[PR]
by cheznono | 2011-06-19 21:18 | イタリア絵日誌

b0041912_21472755.jpg
パリ・エクス10日間の旅から戻って、少しのんびりしたいと思った先週末でしたが、天気が良いのでニースの端の丘で軽くハイキングしてから、今年のベルリン映画祭で金熊賞を受賞したイラン映画「A Separation:別離」を観て帰宅。
 翌日、大家さん夫妻がイタリア国境にある19世紀に英国貴族ハンブリー氏が遺したという庭園を観に行こうと言うので、イタリアン・リヴィエラでイングリッシュ・ガーデンが観られるのかと本気で思い込み、付いて行きました。
 買い出しに寄ったヴァンティミリアで、シーフード入りリゾットを頼むと、結構待たされたのになんと冷たい。しかも、リゾットなのに水分が殆どなくてピラフのよう。チンしただけだったのね。そういえば、モンマルトルのカフェで食べたタラも冷たかった。地元の人で賑わっていたから、安くてもおいしいのかと思ったのに。
 食にうるさいフランスでも、今は多くのレストランで調理済みの冷凍した料理をチンして出すお店が急増しているとか。《メトロ》など業者向けの大型スーパーで、レストラン向けの既に調理した料理を仕入れて来るだけのオーナーが多いため、あちこちのレストランで似通った料理を出すと聞くから、もう腕利きの料理人はいらないということか?

 昼食後、目的のモルトーラ岬のハンブリー庭園に向かったものの、野性味あふれる緑の中に現れたのは単なる荒れ果てた庭でした。岩ごつごつの海岸に下るフランスへ通じる旧街道を囲む広大な庭園は、石壁に閉ざされ、数々の錆びた門は全て施錠されていて入りようもありません。見たこともない植物があれこれ生い茂っているのは面白いけど、イングリッシュ・ガーデンはおろか、秘密の花園のような夢もなく、あるのは野性味だけ。
「花のリヴィエラ海岸の海に面した美しいヴィラと庭園」とは、いったいいつの時代のこと?などと思いながら岸壁海岸まで降りたら、すっぽんぽんで日焼けにいそしむカップルなど、数人の人影が。知る人ぞ知る秘境なのかしら? 

 海岸の岩の上を用心しながら岬の先に進んでいた時、ちょっと高さのある岩から降りようとした際、やばいと思った途端しっかり足を滑らせて落下。左足がとても痛かったけど、立ち上がってまた歩き始めたら、別に何でもなかったので、一安心。それから約2時間、岩海岸をハイキングする羽目となりました。つづく
[PR]
by cheznono | 2011-06-16 21:49 | イタリア絵日誌