<   2014年 02月 ( 1 )   > この月の画像一覧

b0041912_1174531.jpg 心身ともに絶不調で何もする気になれない毎日。引きこもっていてはいけないよと友達が誘ってくれたのが「はじまりは5つ星ホテルから」。ちょっと身につまされるイタリア映画です。
 欧州を中心に格式高い5つ星ホテルでの撮影が売りの映画ですが、意外に地味なお話でした。申し分ない仕事に生き甲斐を感じている独身女性が、家庭を築いている妹や、築こうとしている元カレに揺さぶられ、自分の孤独と向き合って人生を見直す、というさして目新しくないテーマをありがちな安易なラストに持って行かなかった点により現実感が感じられ、好感の持てる作品です。

 イレーネ(マルゲリータ・ブイ)は高級ホテルのベテラン覆面調査員。パリを初め、ある時はトスカーナ地方、その次はマラケシュと出張して一流ホテルに体験宿泊してはミシュランの格付け調査員よろしく、ホテルの星の数がサービスに見合っているかどうかをチェックします。
 仕事に生き甲斐を感じるイレーネですが、かつて結婚まで考えた元カレのアンドレア(ステファノ・アコルシ)から新しい恋人が早くも妊娠したと聞かされ、動揺を隠せません。
 一方、夫と二人の娘がいるイレーネの妹シルヴィア(ファブリツィア・サッキ)は、独身の姉の行く末が気がかり。姪っ子達はかわいいけれど、今の自由を手放してまで子供がほしいとは思わないイレーネは、ことあるごとにシルヴィアとぶつかりがちです。

 ある日、ベルリンの一流ホテルでイギリス人の人類学者ケイト(レスリー・マンヴィル)と意気投合したイレーネ、自立したケイトの独特な発想にすっかり共感しますが、ケイトの急逝により激しく落込むことに。身寄りのないおひとりさまの老後を意識せずにはいられません。
 イタリアに帰ったイレーネは、アンドレアに不安をぶつけますが。。

 保守的なイタリアでは、かなりの高学歴でもキャリアを積んで行く女性は少数派。そもそも女性の就労率がヨーロッパの中では抜群に低いため、イレーネや音楽家の妹は恵まれている存在でしょう。
 そのわりにイレーネの私生活は地味で、同業の夫と二人の子供という正統派の家庭を持つシルヴィアにしても夫婦間にはセックスレスの問題が横たわっています。 
  別々の生き方を選んだイレーネとシルヴィアは互いに相手が少し羨ましく、ちょっと疎ましく、それでも愛しいかけがいのない姉妹。それぞれの問題を抱えながら、より良き明日を信じて前に進もうとする姿に勇気を貰いました。

 ちなみに魅力的なステファノ・アコルシ、フランスのトップモデルで女優のレティシア・カスタとの間に二人の子供がいてお似合いの美男美女カップルと思っていたら、いつの間にか別れていて、今は20歳も年下の女優さんがパートナーなのだそうです。

「はじまりは5つ星ホテルから」公式サイト:http://www.alcine-terran.com/fivestar/
[PR]
by cheznono | 2014-02-17 01:21 | 映画