<   2015年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧

パリの憂鬱

b0041912_20253247.jpg ニースから満席のTGVでパリに戻り、リヨン駅のタクシー乗り場に向かうと長蛇の列。15分以上待ってやっと自分の番が来たので、モンマルトルにお願いと言うと、ちょっとイヤな顔をされました。最低でも25ユーロはかかる距離なので、おかしいなと思ったけど、ドライバーは私のホテルの住所をスマホのナビに入力して走り出したから一安心、と思ったのもつかの間。
 しばらくして、「マダム、実は僕、18時にヌイイー・シュル・セーヌ(お金持ちの住むパリ郊外)でお客さんと約束があるんです。空港まで送らないといけないんですよ。」時、すでに17時半近く。「今から18区までは遠過ぎるから、バスティーユ広場で他のタクシーに乗り換えてくれませんか?」とおっしゃる。
そんな、じゃあなぜさっきリヨン駅に並んだの?重いキャリーケース2つの私はなるべく乗り降りしたくないのに。「普通お客さんはシャンゼリゼ方面にと頼むことが多いのに、モンマルトルとは想定外。ヌイイーとは全然方向違うし。」そりゃあ、シャンゼリゼならヌイイーに行く途中だけど、タクシーが駅前に並んだ以上、お客がそう上手く自分の希望する地域に行くと思うなんて、おかしくないですか?と、文句は言ったものの、車の中でイヤな展開になってもまずいし。。
 かくてバスティーユで降ろされた私はそれでも約10ユーロを請求され、広場で客待ちをしていたタクシーに乗り換えた。今度は強面のドライバーさん、リヨン駅で乗ったのにここで降ろされ、運賃も払ったとなげく私に同情して親切で、荷物代もおまけしてくれたから、救われた思いです。
 
 無事ホテルに到着し、夕飯はいつもの中華テイクアウトへ。私の担当の女性はテキパキとチャーハンを温め、野菜炒めとエビ巻きなどを用意している間、先に会計を済まして待っていること5分。会計の若い中国女性が、私の前のフランス女性に結構大きな袋を渡して、メルシーと言って見送ったので、その女性が注文した量にしては袋が大きいなと思ってたら、案の定、私の注文担当の女性が「違う、あの袋はこの人のよ!」らしき中国語を叫んで、くだんのフランス女性を追いかけ、店を飛び出して行きました。
けれど、なかなか戻らない。お腹をすかした私が途方に暮れているところへ、やっと、でも手ぶらで帰って来た担当の女性。あいにくフランス女性はどこかに消えてしまったらしく、「すみません、もう一度用意しますから」と言って、私の分を再度取り分け、チンしてから渡してくれました。しかし、手早くすませたいテイクアウトだったのに、30分近くお店にいるはめに。
 間違って私の注文品を渡されたフランス女性は少ししか頼まなかったわけだから、大きな袋をもらって変だなと感じたはずなのに、ラッキーと思って素早く帰ってしまったのでしょうか?

 パリに戻った途端、次々トラブルにあうなんて、ついてない、と思っていると、翌日はモノプリで万引きを目撃。カンヌで主演男優賞を獲得したヴァンサン・ランドンの話題のドキュメンタリー風フィクションでは、大型スーパーでの万引きを監視する様子がつぶさに描写されているのですが。。
[PR]
by cheznono | 2015-05-31 20:27 | 不思議の国フランス

b0041912_362511.jpg
 
 フランソワ1世が気に入っていたお城の一つアンボワーズ城は、ルネッサンス期に何人もの王族を迎えてその最盛期を迎えます。
城館向かいのチャペル、聖ユベール礼拝堂にはレオナルド・ダ・ヴィンチがお墓が。ダ・ヴィンチが与えられた住まいは、アンボワーズ城近くのル・クロ・リュセです。
 フランソワ1世の孫の時代に、城内でプロテスタント信者がたくさん殺されてしまった事件があったため、アンボワーズは血塗られた城というイメージが拭えませんが、町は中世の残り香が濃くて、なかなか素敵でした。

 ランジェ城でアンヌ・ド・ブルターニュと半ば強引に結婚したシャルル8世は、このアンボワーズで生まれ、同じ城で亡くなった珍しい王様です。イタリア遠征でイタリア文化に影響を受けたシャルル8世は、この城にイタリアから多くの文化人を呼び寄せたとか。同じくイタリア文化に魅せられたフランソワ1世の先駆者だったと言えるかも知れません。
 けれど、シャルル8世は一番おばかな死に方をしたフランス王として紹介されることが多い不名誉な王様。アンボワーズの地下で当時の人気スポーツ、ジュー・ド・ポーム(テニスの前身と言われる)を楽しんだ際、ひどく気がせったシャルル8世は、うっかり地下の低い門に頭を強打してしまい、死の床に。あえなく、28歳の生涯を終えます。
 ブルターニュ公女アンヌを自分の婚約者の父親マクシミリアン1世と離婚させ、自分はその娘と婚約解消して、アンヌ・ド・ブルターニュと結婚した報いだったのでしょうか?

 夫婦仲は良かったというシャルル8世とアンヌとの間には嫡子が育たなかったため、アンヌは亡き夫の従兄弟ルイ12世と再婚。ルイ12世はシャルル8世の姉で足にハンディキャップのあるジャンヌという王妃がいたのに、結婚20年余りにしてジャンヌの身体的問題で夫婦関係はなかったとローマ教皇に申し立ててなんとか結婚無効を取り付け、晴れてアンヌと結婚するのでした。

行き方:トウールからの路線バスが一番安い。国鉄アンボワーズ駅からは約1㎞。
[PR]
by cheznono | 2015-05-24 03:07 | フランスの城と歴史

b0041912_2019298.jpg
 
 10世紀末から英国プランタジネット家が統治していたランジェですが、1206年にフィリップ2世(尊厳王)がフランス領として取り戻しました。
 現在のランジェ城は1465年にルイ11世によって建設されたもの。中世後期からルネッサンスに至る時代の変わり目を代表する城として、地元でも人気の高い古城の一つです。

 このお城は、1491年にフランス国王シャルル8世とブルターニュ公国の王女で14歳の女相続人アンヌとの婚礼があげられたことで知られます。シャルル8世は宮廷に人質同然に連れてこられ養育されていたブルターニュのマリー・ド・ブルゴーニュと婚約していましたが、それを破棄して強引にアンヌとの婚礼を進めます。豊かなブルターニュ公国は周囲の国から狙われていて、ここを併合するのはフランス王家の大いなる野望の一つでした。
 アンヌも幼いマリー・ド・ブルゴーニュの父親でローマ王のマキシミリアン1世の《結婚》していましたが、まだ相手に会ったこともなかったために結婚は解消され、シャルル8世と結婚することを承諾。ランジェ城での婚礼では、もしもシャルル8世が嫡子がないまま亡くなったら、アンヌは次のフランス王と再婚するべし、という前代未聞の条項にサインがなされます。
 戦争の多い時代とはいえ、まだ21歳だったシャルル8世にはあまり現実感のない条項だったかも知れませんが、7年後、シャルル8世はアンボワーズ城地下の低い門に頭をぶつけて世を去ります。
 シャルル8世とアンヌの子供たちは皆夭逝していたため、アンヌはシャルル8世のいとこにあたるルイ12世と再婚することに。 しかし、このルイ12世にも既に20年間も結婚していた王妃ジャンヌがいたのでした。

行き方:国鉄ランジェ駅から徒歩。トウールからミニバスツアーもあり。
[PR]
by cheznono | 2015-05-19 20:23 | フランスの城と歴史

b0041912_20355757.jpg
 
 16世紀初めに建てられたシュヴェルニー城は今もユロー家の侯爵一家が住む私邸ですが、戦前から一般公開されていて、見学できる部分の保存状態が良いことで知られます。ユロー家は代々、フランス王の財政担当官を務めたため、館に王族を迎える機会も少なくなかったらしく、ヴァロワ朝後期からブルボン王朝の名残がいろいろ残されていて、思ったよりずっと見ごたえのある城でした。
 この白亜の城館は17世紀のルイ13世時代に建築されたもので、大サロンには王と妃でルイ14世の母親アンヌ・ドートリッシュ、王弟ガストン・ドルレアンとその娘モンパンシエ嬢の肖像画が飾られています。回廊にはルイ16世の立派な肖像画があり、奥の間にはマリーアントワネットに気に入られたユベール・ロベールの風景画も。
 ルイ13世の父王アンリ4世が利用した荘厳な寝室も保存状態が良くて、17世紀初めのまま時が止まったようでした。

 庭のオランジェリー(オレンジの木の温室)は、第二次大戦中にドイツ軍の爆撃が激しくなって来た際に、ルーブル美術館などの大事な作品を避難させた場所だとか。絵画の避難については、谷口ジローのコミック「
千年の翼、百年の夢 」でも紹介されています。(オールカラーの豪華版がオススメ)

 シュヴェルニーはタンタンのムーランサール城のモデルにもなったため、庭内にはタンタンの結構凝った展示室も設けられています。
 そして、その奥には100匹を超える猟犬フレンチ・トリコロールの犬舎が。日向ぼっこする大量のワンちゃんは見学者たちに大人気でした。

行き方:シーズン中は水曜と週末にブロワから巡回バスあり。トウールからミニバスツアーも出ています。
[PR]
by cheznono | 2015-05-15 20:37 | フランスの城と歴史

b0041912_6521565.jpg

 今日は快晴、予報では25℃になるというけど、午前中は涼しいので私の格好はユニクロの七分袖Tシャツにカーディガン、首にはスカーフも。
 シュヴェルニーとボールガール城に行くため、ブロワから出ている周遊バスに乗車。最初の停車地シャンボール城前で大半の人が降りた後、派手な花柄サンドレスのマダムがドライバーに向かって騒ぎ出しました。「寒いのよ、なんとかならない?寒くてしょうがないわ!」「窓を閉めればいいんですよ」とドライバー。
バスはリムジンのような長距離用で、大きな窓は開かず、上部の細い窓ガラス部分が斜めに開閉できるのみ。なのにそれさえほとんど開いていないから、閉める余地はないに等しいのに、肩ひもだけのサンドレスマダムは私に向かっても「空気がひやっとするでしょ?第一、汚染された空気が入ってくるのがイヤだわ」とおっしゃる。「そういう格好されてるからじゃないですか?」と失礼なこと言った私に「25℃になるって言ってたもの。だいたい、汚染された空気や塵が入ってくるのがイヤなのよ!」汚れた空気と言われても、パリやリヨン(大気汚染が有名)ならいざ知らず、ここはロワールの牧草地。見渡す限り、緑の野原と林しか見えません。
 ドライバーのお兄さんはできた人だったので、マダムをなだめるためにバス中の全ての窓を確認、上部が少しでも開いていると閉めて回ってます。
そうしているうち、シャンボール観光を終えた中国系の観光客が続々とバスに乗り込んで来て、ようやく落ち着いたマダム、気がつけばちゃんとカーディガンをバッグと一緒に持ってるじゃないですか。寒い!って騒ぐ前にカーディガンを羽織ってよ。
 まもなく、バスはシュベルニーに到着。さして期待していなかったお城ですが、なかなか見ごたえがありました。

 トウールに戻ってきたら、前を歩く男性がジロジロ見るのでイヤな予感。足を速めて追い越したら案の定話しかけられた。ボソボソと「中国式マッサージのお店知りませんか?」だって。まあ中国式マッサージって2種類あるからどちらか知らないけど、せっかくお城を回って良い気分だったのに、いっきに興ざめした日曜の夕暮れです。

画像はシュヴェルニーの村
[PR]
by cheznono | 2015-05-11 06:59 | 不思議の国フランス

タルタルステーキの憂鬱

b0041912_361629.jpg

 パリのマドレーヌ寺院の地下にある食堂は、登録するとランチを8.50ユーロで楽しめるという大変ありがたいサービスを提供していて、いつも賑わっています。ハイカラなこの界隈では破格のお値段で、一応アントレとメイン、デザートが選べる、というのがミソ。内容とお味は学食に近いとはいえ、教会ボランティアと思われるスタッフの感じ良さも人気の秘密かも。
その登録カードの期限がもうすぐ切れることに気がついて、冷たい雨の中、久しぶりに行ってみました。

 その日のメインは、タルタルステーキかグラタン。そもそも、四つ脚動物はあまり食べない今日この頃なのに、何を血迷ったかついタルタルステーキを注文。スタッフのマダムが心配そうに私の顔を覗き込んで「生ですけど?」と言うのに、「まあ挑戦してみます」と返した私。生肉でも本当に大丈夫だろうか?
いやいや、確か昔学食でタルタルステーキを食した時は表面を焼いてあった。要はハンバーグの中身が生ぽいイメージだったし、たまには保守的な食生活から脱してみよう、と本気で思った時、登場したのは、スーパーで売っている挽きたてのひき肉そのもの、でした。
生ハンバーグなら玉ねぎやパン粉が入っているはずだが、そんな様子もなく、恐る恐る口にすると冷たい。えらく冷たい。うーむ。
そこへ、知的な印象の紳士が来て私の向かいに座り、同じものを注文。運ばれてきた皿のひき肉を付け合わせのソースとぐちゃぐちゃに混ぜて、パスタソースさながらにしてから、あっという間に平らげた。
ああ、ソースとしっかり混ぜればひき肉っぽさが消えるのね。でも、やはり私の一番の心配は食中毒なのです。確かユッケは日本で禁止になったはず。もう既に一口食べちゃったけど、このあとお腹を抱えてのたうちまわったらどうしよう?万が一O157とかが付いていたら命だって危ないかも知れない。なにせ私にはナマ肉に免疫がないのだから。

 くだんの紳士が途方に暮れている私に哀れみの目を向けているので、「牛の生肉って本当に健康上問題ないんでしょうか?」と聞いてみました。「はあ、と言うと?』「つまり、その寄生虫とか何か、、」と私の失礼な質問ににやっとして、「フランスではちゃんと基準が守られているから全然大丈夫」とのお答え。スタッフのマダムは一言も「だから言ったでしょう」的なことは言わないできた人で、私に同情して「野菜を足してあげるわ」と付け合わせの野菜チーズ炒めを足してくれました。
「頼む前にに周りで食べてる人の皿をチェックしなきゃ」と紳士からはごもっともなアドヴァイスを頂き、泣く泣くタルタルステーキは諦め、デザートのチョコタルトでなんとかお腹をくちくした次第です。
 結局生肉はわずかしか食べなかったにもかかわらず、しばらくお腹が消化にとまどっていたのは明らかですが、腹痛もなく無事に翌朝を迎えることができて本当に良かった。
しかし、このタルタルがもし、マグロのひき肉だからわさびと醤油でどうぞと出されたら、難なく食べていたかも知れません。
[PR]
by cheznono | 2015-05-04 03:08 | 不思議の国フランス