揺らぐ空港セキュリティ

b0041912_1232871.jpg 昨年夏にイギリスで発覚した航空機爆破テロ未遂事件を受けて始まった《機内持ち込みの液体類は全て透明ビニール袋に入れ、手に持って荷物検査を受ける》というルール。あまり意味のない措置だし、空港の荷物検査の機械もさほど精巧ではないから、どうせすぐに解除されるだろうと思っていたのに、まだ実施されていますね。
  セキュリティの厳しいロンドンのヒースロー空港では、液体類のチェックに加え、機内持ち込み手荷物を1つに制限しています。以前のようにハンドバックとお土産用の袋とか旅行カバンを一緒に持ち込めないため、特に荷物の増える帰国時には不便に感じます。
 この《液体類はビニール袋に入れること》と《機内持ち込み手荷物は1つだけ》を忠告するポスターは、ヒースロー空港内のあちこちに貼られていて、放送もひっきりなしで入っています。なのに、この規則を守らない人が後を絶たないのが不思議です。もしかしてイギリス人は空港で英語を読んだり聞いたりする習慣がないのでしょうか?
 例えば私の前にいたマダム、パンパンに膨れたハンドバッグを二つ持っていたため、手荷物の検査機前で注意され、片方のハンドバッグを同じサイズのもう一方のハンドバッグの上に載せてみたりとさんざん無駄な努力をした末、どこかへ消えて行きました。
 英国人の友達は、やはり自分の前の女性が背中に登山用のナップザック、両手には大きな旅行カバンを二つさげて並んでいたので、「機内に持ち込める荷物は一つだから、三つもバッグを持ってると引っかかってしまいますよ。」と声をかけた所、「あら、私はいつもこれくらい荷物を機内に持ち込んでるわ。大丈夫、大丈夫。」と笑って、規則が変わったと説明しても、意に返さなかったようです。
 で案の定、手荷物検査のベルトコンベアの前で、係官から「マダム、手荷物は一つにまとめて下さい。」と注意されると、30代後半のおしゃれなその女性は猛然と抗議をし始めたそうです。しかし、いくら抗議しても規則は規則。「ヒースロー発の便で機内に持ち込めるバッグは一つだけです。」と説得する係官に興奮したマダム、しまいに泣き出してしまったとか。
 「こんなにたくさんの荷物を一つにはできるわけないわ。通してくれないと飛行機が出ちゃう!」と人目もかまわず泣きじゃくる姿にも動じない係官、「マダム、泣くのはご自由ですが、機内持ち込みの荷物は一つです。」と冷静に繰り返すだけ。列の後ろの乗客がどんどん手荷物検査をすませて行く中、泣き虫マダムは脇にのけられてしまいました。彼女が予定の飛行機に乗れたかどうか、定かではありません。
 写真は、ヒースロー内にあった保険会社の広告。預け入れ荷物が空港で消えるのは日常茶飯事らしいですが、ヒースローの手荷物検査のベルトコンベアに載せたバッグがそのまま消えてしまい、所持金を失った男性が空港側に弁償を求めたけれど、対応して貰えなかったという投書を読んだことがあります。これじゃあ、空港のセキュリティは足元から揺らいでいますよね。テロよりもまずはお財布が心配な私は、以来、自分のバッグがX線を通過する度にドキドキしてしまうのです。
[PR]
by cheznono | 2007-09-26 01:25 | いつもの暮らし