モネの愛した鷲ノ巣村

b0041912_22463494.jpg
 ブリュッセルから友達が来たので、イタリアの鷲ノ巣村を訪ねようということになりました。とはいえ、朝のんびりな私たちが、ニースを出発したのは既に昼過ぎ。どこかでお昼を食べなくちゃと、国境の街ヴァンティミリアのマルシェに寄って、固いパンとハムやチーズを買い込み、海沿いの小道をたどって、知る人ぞ知る穴場の白い砂浜の朽ちたボートのそばでピクニック。地中海の色はもう冬の濃いブルーでしたが、陽射しが暖かくて気持ちよかったです。
 さて、ヴァンティミリアから北上すると、しばくらくして山の中に流れる川の淵にたたずむドルチェアクアが見えて来ます。ここは、国境を越えたイタリア側で人気の鷲ノ巣村で、村の入り口にはカラフルな教会が立ち、そこから細い石畳の小道が、丘の上のお城まで迷路のように続いていました。
 ドルチェアクアはとてもきれいな中世の村と聞いてはいましたが、車がないと不便なため、今回初めて訪ねることができて嬉しかったです。日本のツアーにもモナコ~マントン~サンレモ行きの途中にこの村を入れているものがありますが、ここは印象派のクロード・モネがかなり気に入って、古いアーチ型の橋からお城を見上げる風景を作品にもしているそうです。
 フランスの鷲ノ巣村もそうですが、ドルチェアクアも猫がとっても多くて、中世の石畳を行く私たちの後を、用心しつつも付いて来るのが可愛かったです。でもなぜか、細い通路の片隅のあちこちにネズミ捕りの黒いプラ箱が置いてあるではないですか。出るのは二十日ネズミのような小ネズミらしいのに、やっぱり今の猫は満ち足りていて、もうネズミ捕りの役目をしないのでしょうか?
[PR]
by cheznono | 2007-11-29 23:26 | イタリア絵日誌