人気ブログランキング | 話題のタグを見る

人生万歳!

人生万歳!_b0041912_191888.jpg 帰国したら、恵比寿ガーデンシネマが来月末に閉鎖されることになっていたので、びっくりしました。それほど通ったわけではないけれど、フランス映画の上映も多く、なかなか良いセレクションをする映画館だったのに、閉館とは残念です。
 ならばと早速「クリスマスストーリー」を観に行ったら、なんと満席で入れてもらえませんでした。やむを得ず、同時上映されているウディ・アレンの「人生万歳」を観ることに。
 ニースでは既にウディ・アレンの最新作が通り過ぎた所で、アンソニー・ホプキンスが家庭を捨てて、若い女性に走る辺りが、本作に似てなくもないような。。
 この映画、ユニクロが協賛しているようで、もしかしてユニクロの宣伝作品?と思うような場面も。これも世界制覇作戦の一端かしら?
  
 舞台は久々にニューヨーク。ノーベル賞候補にまでなったことのある頭脳明晰な物理学者ボリス(ラリー・デヴィッド)ですが、理屈っぽい皮肉屋で人間嫌い。現代社会と人間に失望し、世をはかなんで自殺を図ったものの失敗、続いて離婚。
 今や近所の子供たちにチェスを教えて小銭を稼ぎながら、カフェで仲間相手にくだを巻く毎日でしたが、ある夜、食べる物も寝る所もなく震えている若い家出娘メロディ(イヴァン・レイチェル・ウッド)を見つけ、数日間(のつもりで)自宅に泊めてあげます。
 まだ高校生のようなメロディは、無邪気で陽気な性格。初めは彼女の存在を煙たく感じていたボリスでしたが、自分とは正反対の無教養で純粋なメロディを相手に偏狭な自説を説くうち、次第に惹かれて行きます。
 無垢なメロディもボリスのあふれる知識やネガティブな哲学を刷り込まれるうちに、彼こそ運命の人だと思い込むようになり、やがて二人は結婚へ。

 一年後、不釣り合いながら楽しく暮らす二人の元にメロディの母親マリエッタ(パトリシア・クラークソン)が訪ねて来て、夫(メロディの父親)が、自分の親友と駆け落ちしてしまったと泣きつきます。
 やっと探しあてた一人娘が遥か年上のボリスと結婚していることに憤慨するマリエッタですが、またたく間にボリスの友達レオと恋仲に。
 同時にマリエッタは、メロディに一目惚れした好青年と娘の縁結びに奔走。幸せな新婚生活を送っているつもりのメロディを揺さぶります。
 そんな折り、駆け落ちに失望したメロディの父親まで、娘と妻を探しに現れたから、話はややこしくなって。。

 無邪気で世間知らずな娘と、強い自負心を抱えながら人生を斜に構えている中年男性とのラブコメディならありがちだから、初めは、中年男が孫のような田舎娘を教育しながら恋に落ちるというピグマリオン風かと思いましたが、さすがにウディ・アレン。もっと複雑、かつ何でもありの展開で、飽きさせません。
 監督自身を反映させたようなボリスのシニカルな人生訓がそれなりに興味深いし、ボリスの偏った哲学に染まって行きながら、持ち前の成行き任せ的楽天主義を失わずにいるメロディを好演しているイヴァン・レイチェル・ウッドが可愛いです。
 ボリスの厭世観や偏屈な哲学に反して、作品自体のメッセージはあくまでポジティブ。人間、幾つになっても何があるかわからない、思いがけない出会いがあったり、隠れていた才能が見出されたり、年齢を重ねても可能性は常に目の前にある、と唱えていて、元気が貰えます。
 フランスでもメディア評、観客評共にかなり好評だった作品だし、サービスデイのガーデンシネマは、あっという間に満席となっていました。でも、私は「クリスマスストーリー」のマチュー・アルマナックとメルヴィル・プポーが観たかったのよ。後ろ髪惹かれながら、恵比寿を後にしたのでした。
# by cheznono | 2010-12-23 01:10 | 映画

パリに上陸したナンキン虫_b0041912_1451533.jpg
  この夏、マンハッタンの高級ブティックやエンパイヤーステートビルなど、ニューヨークのあちこちでナンキン虫が繁殖して大騒ぎになった、という報道から3ヶ月経った11月末、ちょうどパリのホテルに泊まっていたら、ニューヨークのナンキン虫がパリに上陸したというニュースが流れたので青くなりました。
 だって、まずナンキン虫騒動に震え上がったのは、米国人旅行者の利用が多いパリのホテルというではないですか。ナンキン虫が一度ベッドやシーツに取り憑くと、もう始末に負えないそうで、個人で駆除するのはものすごく難しいとか。何せメスの生む卵は500個にも上るため、その繁殖力は推して知るべし。
 よって、パリ市の衛生局も対処に乗り出し、既に600件以上駆除しているし、害虫駆除業者の電話は鳴りっぱなしで、大忙し。今やホテルだけじゃなくて、パリの普通のアパルトマンがナンキン虫の恐怖にさらされているなんて、そら恐ろしい。
 駆除業者によると、汚いアパルトマンから高級住宅街のきれいな住宅まで、ナンキン虫は所を選ばず広がっているようです。ベッドに取り憑くナンキン虫はまさに小さい吸血鬼で、さされると一週間は絶えられないようなかゆみに悩まされるのが特徴。
 ナンキン虫は温度が13℃以下だと活動を停止するらしいのですが、雪に見舞われた寒いパリでなおも話題になるのは、たいていのアパルトマンがセントラルヒーティング利用で室温が高いためでしょう。
 もちろん、既にパリだけでなく南仏トウールーズを初め、ナンキン虫はフランス中あちこちに出没しています。
 加えて、子供の頭にたかるシラミも増加中らしく、学校でシラミを移された子供に親がいくら除菌シャンプーを使っても効果が見られなくて、困りきっているという話も。シラミに耐性ができてしまって、市販の虫除けシャンプーではなかなか駆除できないのが現状なのだとか。
 なんとフランスの子供の30%が、シラミの保持者というから、旅行者だって人ごとではすまなくなるかも知れません。
 こうなると、うっかりTGVの背もたれに頭をつけることもできないじゃないの?と思いますが、やっぱり電車や飛行機などの乗り物は、ナンキン虫やシラミが移動する格好の場所なので、用心するようにと報道されています。
 しかし、どうやって避ければ良いのでしょう?頭にシャワーキャップをかぶってTGVに乗るわけにも行かないし、防護服を着て飛行機に乗るわけにも行かないのに。パリに劣らずニューヨークとの行き来の多い東京に、ナンキン虫が上陸していないと良いのですが。。
# by cheznono | 2010-12-16 01:47 | 不思議の国フランス

ネズミ騒動

ネズミ騒動_b0041912_032436.jpg 11月としては異例の寒波で、早くもあちこち雪が積もったフランス。さすがのコートダジュールも例外ではなくて、朝夕はかなりの冷え込みです。それでも、パリの凍り付くような寒さとは違うけど。
 どうも何かとついてない11月でした。今回は電気料金を自動引き落としにせず、請求書を持って郵便局に払いに行ったら、銀行カードで支払った後で、「手数料3ユーロ頂きましたよ」とさらっと言われた。えっ!郵便局で電気代を支払うと手数料3ユーロもかかるの?「現金で支払えば良かったんですか?」と聞いたら、現金でも手数料は変わらないのだとか。

 ウィンドウショッピングはしても、もはや殆ど洋服は買うことのないこの頃だけど、ほしかった編み込みセーターを見つけたので、2週間も迷った挙げ句に購入。40ユーロのセーター1つでも、やっと決心して買ったのに、うちで試着してみたら、なんと袖口の毛糸が切れている。
 翌日、すぐにお店に持って行ったら、もう私のサイズが残ってないという。フランス中どこにでもあるチェーン店だから、「自分で他の店に行って、サイズを探して交換してね。」と言われ、がっくり。
「隣町でもパリ店でもどこでも良いのよ。」と言うけれど、サイズが合わなかったのならともかく、毛糸の切れた不良品だったのに、自分で交換品を求めてよその街まで探しに行かなきゃいけないなんて、ついてない。ユニクロなら、セール品でも他店舗から取り寄せてくれるのに。
 ぶつぶつ言いながら店を出て、ふとショーウィンドウを見ると、私の買ったセーターが飾ってあるではないですか。急いで店内に戻って、サイズを見てもらったら、ばっちり私のサイズでした。あー良かった。

 そんな朝がた、うとうとまどろんでいたら、ベッドの枕元、頭の上の方を何かがかすめたような気がして、飛び起きました。
 一瞬、ベッドの端に見えたのがハムスターのような生き物。まさかネズミ?そんなばかな!?
 敵はあっという間に視界から消えたので、寝ぼけただけという気もするが、ベッドの下でガタンと音がしたのは確か。でも、あとはしーん。
 あまりの驚きに頭から布団をかぶって善後策を考えたけど、良い案が思いつかない。だいたいどこから寝室に侵入できたのか?食べ物はいっさい置いてないけれど、お天気が良かったので、昼間少し窓を開けていたせいかしら?
 噂によると、うっそうとしている庭には体調25cmほどのネズミが住んでいるらしい。でも、私がベッドで瞬間見たのはハツカネズミほどの小さい生き物です。
 その日、大家さんはイタリアに栗拾いに行って不在だったため、ネズミ騒動を相談することもできず、かといっていつまでも布団をかぶっているわけにもいかないので、恐る恐るベッドの下を覗いてみたら、、、ネズミの陰も形もありません。敵はどこに消えたのか?
 折しも大家さんの猫が台所に朝ご飯を貰いに来たので、いかにも迷惑そうな猫を抱えて寝室に戻り、ネズミを探すように依頼。でも、明らかに猫は気乗りがしない様子で、真面目に探索してくれません。ということは、ネズミの匂いがしないのかも?
 仕方なく、その日は一日中窓を明けっ放しにして、ネズミが出て行ってくれるよう祈るのみ。
 夕方遅く、栗拾いから帰宅した大家さんと一緒にネズミの出入りしそうな穴を探したけど、どこにも見つからず、ネズミが嫌うというラベンダーとレモンのオイルを寝室中にまき散らして、ようやく一件落着?というか、それ以来ネズミは現れないので、無事に出て行ってくれたのでしょう。
 
 写真は、カーニュ・シュル・メールの栗祭り。ついてない11月の中で、これはなかなか楽しいお祭りでした。栗祭りのマルシェは意外に規模が大きくて、シャンゼリゼのクリスマス・マーケットにも劣らない賑わい。友達がお勧めというグリーントマトのジャムを買って帰りました。スイカのジャムにも興味があったけど、今回はパス。
# by cheznono | 2010-11-30 00:05 | 不思議の国フランス

ガフールの伝説

ガフールの伝説_b0041912_222781.jpg 久しぶりに映画のご紹介、しかも珍しくアニメーション・ファンタジー。でも「ガフールの伝説」は日本で10月初旬から公開されているみたいで、遅ればせながらのレビューとなってしまいました。
 米国の児童小説作家キャスリーン・ラスキーのベストセラーの最初の3巻を映画化したものらしいですが、原作に関する知識は皆無の私、ただただフクロウとミミズクが大好きなため、宣伝記事が気になってシネマに足を運んだ次第。映画館に入る時は子連れでもないのに何だか恥ずかしいと思ったけど、全くの杞憂でした。観客は全員大人。と言っても私を入れて5人のみ。フランスでの公開後2週間でこれじゃあ、もう次週はないわね。
 しかし、子供向けのフクロウ・アドベンチャーと侮るなかれ。3Dの魅力いっぱいの凝った映像が堪能できる作品です。

 家族水入らずで楽しく暮らしていた少年フクロウのクラッドとソーレンの兄弟は、飛行訓練中に謎のフクロウグループ純血団にさらわれてしまいます。
 純血団とは自分たちメンフクロウこそ最優秀なフクロウと信じ、他種のフクロウを征服して、支配しようと企んでいる好戦的なやから達で、よそのフクロウのひな鳥を次々に誘拐しては、自分たち純血団の戦士として洗脳、教育を試みています。
 日頃から攻撃的な兄のクラッドは、メンフクロウの女王に気に入られ、さっさと純血団の戦士として順応してしまいますが、正義感が強く心優しい弟ソーレンは友達になったジルフィーと共に命からがら純血団の巣城を脱出。父親から聞かされていた正義の味方ガフールの勇者たちを探す旅に出ます。
 どこか遠い伝説の地に住むガフールの勇者たちなら、悪の集団からフクロウ王国を守ってくれる筈。まだ飛ぶことを覚えたばかりで、長距離飛行に不安のあるソーレンとジルフィーですが、叩き付けるような雨の中もガフールの神木を目指して、必死で飛び続けるのでした。

 本当は鳴り物入りで始まったローマン・デュリス主演のスリラーを観るつもりだったのだけど、5ユーロで観られる割引チケットがあったので、フクロウのファンタジーにしばし身を投じるのも良いかと思ったのが正解でした。
 カラフルな「アバター」は3Dのせいで、気分が悪くなった観客も少なくなかったけれど、「ガフールの伝説」は全体的に色を統一させていて、隅々まで強いこだわりとセンスの良さが感じられます。
 フクロウの羽の動きや産毛の震えまで、3Dならではリアルな描写に目を見張るし、胸躍る雄大な飛行や冒険も体験でき、まさにフクロウ版「ロード・オブ・ザ・リング」という感じ。
 純血団フクロウとガフールの勇者フクロウとの決戦は、いくら猛禽類とは言え、武器を使った激しいアクションにちょっと眉を顰めましたが、兄クラッドとソーレンのいきさつ等、勧善懲悪に終わらせずに兄弟間のビターな側面を描いている点など、なかなか興味深かったです。
 ただし、なぜか風邪を引いて帰宅。映画館は何せ私を入れて4人しか観客がいなく、がら空きだったから、シネマのせいではないと思うけど。仕方なく、今日はショウガとレモンのお茶を飲んでゴロゴロしています。明日以降、症状が重くならないことを祈るのみ。
# by cheznono | 2010-11-11 02:28 | 映画

リヴィエラの至宝アラッシオ_b0041912_0582314.jpg 万聖節のヴァカンスというのに嵐が南仏を通過したため、あいにく大雨の週末となりました。これまでパラパラと散っていた
オリーブの実も、この嵐でいっきにたたき落とされてしまった感じ。
 万聖節はお彼岸のようなもので、本来ならシクラメンか菊の鉢を抱えて先祖のお墓参りに行く日なのに、この雨ではお墓参りも容易ではないでしょう。まあ、クリスマス前の最後のヴァカンスとあって、今やお墓参りに出かける人よりも、旅行に出かける人の方が多いけれど、燃料所のストは終わったとは言え、まだガソリンが足りないスタンドもあるのだから、ドライバーも大変ですね。
 
 さて、インペリアの向こうに愛の伝説が伝わる美しい街があるというので、電車で出かけて来ました。数あるイタリアンリヴィエラの浜辺の中でも際立って細かくきれいな白砂を誇るリゾート地アラッシオ。延々と続く長い白浜と海に沿った旧市街が特徴の歴史あるシックな街で、10月末でも海辺で水浴びをする家族連れで賑わっていました。
 10世紀、神聖ローマ帝国の初代皇帝でドイツ皇帝でもあったオットー1世の姫君アデラッシアが、父王の召使いアレラーモと恋に落ちたものの、身分違いの恋愛にオットー1世は猛反対。やむなく若い恋人達はこの地方まで駆け落ちします。子供をもうけ、幸せに暮らしていた姫を見つけた父王は、やがて二人を許し、彼らが居を構えたこの街はプリンセスとその夫の名前にちなんでアラッシオと呼ばれるようになったとか。
 アラッシオ駅に向かい合った公園の壁には、角にある古いカフェバーに通った芸術家やスターを記念して焼かれたタイルがはめ込まれていて、アーティストの壁と呼ばれ、この街の名所の1つとなっています。
 旧市街の古い町並みは隣のアルベンガと似ているけれど、より洗練されていて、小粒。けれどいかにも高級なリゾート地という雰囲気です。アルベンガとの境に辺りに、ぽっかり浮かぶ可愛い島は、鳥の島と呼ばれ、かつては野生の鶏が住んでいたとか。今の主な住民はカモメだそうです。中世にはカンヌ沖のレランス島のように修道院が建てられ、ベネディクト派の修道士で賑わっていましたが、今や修道院は消えてしまい、島は個人の所有物に。島自体、売りに出ているとい噂も。夏の間のみ、島の周囲を巡る船が出ているそうです。
# by cheznono | 2010-11-02 01:00 | イタリア絵日誌